「文化服装学院×セイコーエプソン」韓国著名デザイナーが学生に向け特別講義 “環境配慮”や“サステビリティ”について語る

イ・サンボン氏による特別講義

文化服装学院のファッション高度専門士科4年生とセイコーエプソン株式会社が取り組むコラボレーションの一環として、韓国の著名デザイナー イ・サンボン氏による特別講義が行われた。未来のファッション界を担う学生たちに向け、社会課題である環境への取り組みや考え方などが語られた。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2023.06.09
SOCIETY
学び

エシカルマーケティングとは? メリットや実例をわかりやすく紹介

「文化服装学院×セイコーエプソン」コラボイベント 韓国著名デザイナーが環境配慮への考え方などを特別講義

5月25日(木)文化学園にて、ファッション高度専門士科4年生とセイコーエプソン株式会社が取り組むコラボレーションの一環として、韓国のブランド「LIE SANGBONG」のデザイナーであるイ・サンボン氏の特別講義を行った。

イ氏は韓国内のみならず、パリファッションウィークをはじめ世界各国で活躍し、近年ではワールドスターのビヨンセやリアーナ、レディー・ガガ、キムヨナなどもイ氏のデザインの衣装を着用しており、2022年10月にはエプソン韓国と共同による同氏のイマジネーションをプリントするというコンセプトでファッションショーも開催された。

イ・サンボン氏による特別講義

特別講義前半では、イ氏のこれまでのコレクション映像を紹介しつつ、そのデザインの源泉について、深く、そしてユーモアを交えた解説が行われた。

さらに、近年の社会課題である環境配慮への取り組みや考え方、思想などが語られるとともに、未来のファッション界を担う学生たちへの熱いメッセージも送られた。

後半ではイ氏に加え、セイコーエプソン株式会社 執行役員 プリンティングソリューションズ事業本部副事業部長 五十嵐人志氏と学生4名を交えたパネルディスカッションを実施。

パネルディスカッションの様子

「サステナビリティにおけるデジタル捺染の可能性について」「韓国・日本・ニューヨークのファッションシーンについて」をテーマに、それぞれが熱い思いを語りあった。

特別講座終了後も熱気は冷めることはなく、学生はイ氏と五十嵐氏を囲み、質問攻めとなるシーンも。両氏はそれらの質問に対し、ひとつひとつ丁寧に解説し、学生にとって非常に学びの多い特別講義となった。

イ・サンボン氏と学生

五十嵐氏と学生

お問い合わせ先/文化服装学院
https://www.bunka-fc.ac.jp/

※掲載している情報は、2023年6月9日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends