世界各地を消灯のリレーでつなぐ「EARTH HOUR2023」3月25日開催

「EARTH HOUR」の時計モチーフ

WWFが2007年から開催している、世界各地を消灯のリレーでつなぐ世界最大級の環境イベント「EARTH HOUR」が、3月25日の20:30より開催される。気候変動への取り組みと同時に、生物多様性の損失もテーマに加え、特設サイトなどで参加を呼びかけている。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2023.03.23
FOODS
編集部オリジナル

CO2が発生しない水素焼レストランって?「くらしのサス活」キャンペーンで当たるおいしい賞品

Promotion

190以上の国と地域が参加 世界最大級の環境イベント「EARTH HOUR 2023」

EARTH HOURの様子

公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)は、2007年から開催されている、世界各地を消灯のリレーでつなぐ世界最大級の環境イベント「EARTH HOUR(アースアワー)」を、3月25日(土)20:30~21:30に実施する。

「EARTH HOUR」は、世界中で同じ日・同じ時刻に消灯することで、地球温暖化防止と生物多様性保全への意思を示すアクションのこと。​WWFでは2007年のスタートから年々規模を拡大しながら実施しており、現在では190以上の国と地域が参加する世界最大級のグラスルーツイベントに成長した​。

EARTH HOURは日付変更線に近い南太平洋諸国から始まり、現地時間の20:30を迎えた地域から順次消灯を行い、消灯リレーが地球をぐるりと1周する。

2022年はオペラハウス(シドニー)、コロッセオ(ローマ)、エッフェル塔(パリ)、コルコバードのキリスト像(リオデジャネイロ)、エンパイアステートビル(ニューヨークの)など世界中のランドマークが消灯に参加した。

そして、アントニオ・グテーレス氏(国連事務総長)、英国ウェールズ皇太子、ジャスティン・トルドー氏(カナダ首相)、アンドレ・カイパース氏(宇宙飛行士)、リウ・ウェン氏(スーパーモデル)、エリー・ゴールディング氏(ミュージシャン)など、数多くの影響力のある世界的リーダーや著名人がEARTH HOURを支持している。

気候変動問題と同時に生物多様性の損失回復も目指す

「​EARTH HOUR」は2007年の開始以来、主に気候変動の問題に注力してきたが、2018年からは、もう一つの極めて重要な問題である自然や生物多様性の損失もテーマに含めている。

自然は私たちの幸福、繁栄、生存を支えており、食べ物、水、空気、その他多くのものを提供している。生物多様性を守らずに気候変動に打ち勝つことはできない。また、安定した気候なくして豊かな自然を取り戻すこともできない。

ここ数年で生物多様性への関心は高まっているが、その言葉の意味を知っている人は約3割にとどまっている。一方で、世界の生物多様性の豊かさを示す数値は過去50年間で69%低下している。

2030までに生物多様性の損失を回復させる「ネイチャー・ポジティブ」の目標を達成するためには、2023年を変革の年にしなければならないと考え「EARTH HOUR 2023」に合わせて、生物多様性への理解を促す特設ページ“はじめての「生物多様性」”を公開。このページでは、生物多様性にはじめて触れる方に知ってほしいポイントをまとめている。

緊急性を伝える「時計」モチーフのデザインに刷新

EARTH HOURのモチーフ

さらにより緊急性を訴えるために「EARTH HOUR」のブランドイメージを「時計(フリップクロック)」をモチーフとしたデザインに刷新。

新たなビジュアルアイデンティティとともに、自然の重要性と価値についての認識を高め、気候変動と同様に自然の喪失に取り組む機運をつくっていくとしている。

「EARTH HOUR2023」特設サイトを公開し、EARTH HOUR当日に向けて、一人でも多くの人に消灯アクションへの参加を促すとともに、ネイチャー・ポジティブについて伝えていくことを目指す。

WWFジャパン顧問の前田智子氏は次のようにメッセージを発信している。「『地球の健康を考えて』と言われると、大きく難しい問題に聞こえるでしょう。

『大切な人の健康を考えて』ならば?私達は地球にあるものでできています。あなたに触れる風は、遠くの川や森の中の動物の鼻先を、姿を変えながら旅してきた。

だから『地球の健康』『野生動物の健康』を考えることも、実は『大切な人の健康』を考えることと、一繋ぎ。

世界がともに同じ問いを考える60分間。お料理しながら、お仕事の休憩中、この問いを反芻してみてください。謎を解くように語らってみてください。

電気を消す。毎日何気なくすることが、考えてみようと決意した表明に。まずは一緒に電気を消してみませんか?」

※掲載している情報は、2023年3月23日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends