Goldwin製品の修理代無料化スタート ウェアの廃棄削減

服を修理している様子

「Goldwin」は環境配慮の取り組みの一環として、製品のロングユースを推奨し、個人のお客様を対象とした修理代を無料にする取り組みを1月10日より開始すると発表した。まだ使えるウェアの廃棄削減を目的としている。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2023.01.03
SOCIETY
学び

エシカルインフルエンサーとは? マーケティング起用のメリットや取り組みを解説

「Goldwin」製品を長く愛用してもらうために修理代無料化

Goldwinロゴ

株式会社ゴールドウインのオリジナルブランド「Goldwin」は“雪のある未来を”をテーマとした環境配慮の取り組みの一環として、製品のロングユースを推奨し、個人のお客様を対象とした修理代を無料にする取り組みを開始すると発表した。

まだ使えるウェアの廃棄を削減することを目的としており、2023年1月10日(火)お申し込み完了分よりスタートする。

現在、富山県の同社リペアセンターでは、同社が展開するブランドの製品を対象とした修理サービスを受け付けている。このサービスは、製品の機能回復を目的としており、破損箇所や修理内容に準じた有料サービスとしてきた。

今回の修理無料化では、対象アイテムは基本的には「Goldwin」ブランド製品であれば可能で、ソックスやアンダーウェア等の消耗品や、経年劣化(寿命)による退色や損傷があるものは除く。

発送となる場合も送料は無料。修理の依頼方法は、Goldwin直営店への持ち込みか、インターネットからの申し込みが可能だ。修理期間はお客様の了承後、約4〜5週間を予定している。

お問い合わせ先/Goldwin
https://www.goldwin.co.jp/goldwin/

※掲載している情報は、2023年1月3日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends