サステナブルに注力した体験型ストア「b8ta Osaka – Hankyu Umeda」23年春開業

b8ta Osaka – Hankyu Umedaパース

体験型ストア「b8ta」が2023年春に国内5店舗目となる「b8ta Osaka – Hankyu Umeda」を2023年春に開業する。“人と自然が共生する暮らし”をテーマにサステナブルに関連する商品やサービスを集める。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2022.12.06
SOCIETY
学び

エシカルインフルエンサーとは? マーケティング起用のメリットや取り組みを解説

“人と自然が共生する暮らし”がテーマ 「b8ta」国内5店舗目が大阪に来春オープン

b8ta Osaka – Hankyu Umeda店舗パース

b8ta Japan(以下b8ta)は、国内5店舗目となる「b8ta Osaka –Hankyu Umeda」を2023年春に開業することを発表した。テーマは“人と自然が共生する暮らし”。大阪市の「阪急うめだ本店」8階で開業することを発表するとともに、出品企業の募集を開始している。

b8taは2015年に体験型ストアを米サンフランシスコ近郊のパロアルトでオープン。Retail as a Serviceのパイオニアとして約6年間新しいソリューションを先導。

ミッションとして「リテールを通じて人々に“新たな発見”をもたらす(Retail Designed for Discovery.)」を掲げている。実店舗への出品をまるでオンライン広告を掲載するのと同じくらい手軽なものにし、消費者に世界中のイノベーティブな製品を発見、体験、購入できる場を提供している。

サステナブルな商品やサービスを中心にラインアップしSDGs達成へ貢献

b8ta Osaka – Hankyu Umeda店舗パース

東京都内3店舗、埼玉県内1店舗に続き、関西地方初の常設店舗は、新たな店舗コンセプトとして「新水平」を提唱し、床と天井の間にさまざまな活動をサポートする第三の水平面をつくることで、新たな商品やサービスとの出会いを創出する。

店内には「人と自然が共生する暮らし」の提案を通して、持続可能な社会の実現を目指すべく、サステナブルな取り組みと関連のある商品やサービスを中心にラインアップを集めていく予定だ。

b8ta Japan代表の北川氏は次のようにコメントしている。「今夏、阪急うめだ本店9階祝祭広場で5日間開催したb8taの期間限定店舗の反響を受け、この度国内5店舗目を開業する運びとなりました。

大阪での開業を機に、さらに一人でも多くの方に新しい発見と体験を訴求できることが、いまからとても楽しみです。2025年の大阪万博においても、持続可能な開発目標達成への貢献が、目指すべきもののひとつとして挙げられています。

b8taも微力ながら、SDGs達成への貢献を目指し、サステナブルに関連のある商品やサービスを知っていただく機会を創出することで、貢献度を高めていければと考えています」

お問い合わせ先/b8ta Japan
https://b8ta.jp/

※掲載している情報は、2022年12月6日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends