「ユナイテッドアローズ」店舗で不要となった家具・什器をリペアして次の使い手へつなぐ

椅子をリペアしている様子

Photo by ユナイテッドアローズ

株式会社ユナイテッドアローズは、店舗で使用していた家具や什器をリペアして販売するプロジェクト「RE : Store Fixture UNITED ARROWS LTD.」を2018年より開始。1点1点丁寧にリペアすることで新たな価値を吹き込み、次の使い手へとつないでいる。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2022.08.01
EARTH
編集部オリジナル

地球を救うかもしれない… サキュレアクトが出合った「未来を変える原料」と新たな挑戦

Promotion

ユナイテッドアローズが店舗の家具をリペアして販売「RE : Store Fixture UNITED ARROWS LTD.」

椅子を修理する様子

Photo by ユナイテッドアローズ

店舗で使用していた家具や什器をリペアして販売する、株式会社ユナイテッドアローズのプロジェクト「RE : Store Fixture UNITED ARROWS LTD.」がスタートしたのは、2018年。

店舗で使用してきたこだわりの詰まった家具や什器が、店舗の移転や改装等による空間デザインの更新によって、手放さなくてはならない現状に向き合い、スタッフの“もったいない”という思いから始められた取り組みだ。

このプロジェクトの発起人である、ユナイテッドアローズ ストアディベロップメント課の大島一吉氏は、立ち上げの思いをこう語っている。

「いい家具って親から子に伝わっていくようなものだって少なくない。一生使えるようなものとしてつくられているので、これを捨てるのではなく必要としてくれる誰かがいるなら、その方にちゃんとリペアをしてお届けできたら一番いいのではないかと思ったんです」

リペアし販売される予定のソファ

Photo by ユナイテッドアローズ

劣化した部分は一点一点状態に合わせて最適な方法でリペアすることで新たな価値を吹き込み、ソファ、ラウンジチェア、テーブルなどを次の使い手につなぎ続けている。

商品の販売は、日本最大級の家具・インテリア通販サイト「FLYMEe(フライミー)」での販売を中心に、倉庫を解放してのポップアップ販売会なども開催。

ユナイテッドアローズが運営するWebサイト「ヒトモノウツワ~ユナイテッドアローズが大切にしていること~」では、この取り組みについて経緯や思いを詳しく紹介をしている。

ユナイテッドアローズは「真心と美意識をこめてお客様の明日を創り、生活文化のスタンダードを創造し続ける」という理念の元、今後も持続可能な循環型社会の実現に向けて、多面的に貢献していく、とメッセージを発信している。

お問い合わせ先/株式会社ユナイテッドアローズ
https://www.united-arrows.co.jp/

※掲載している情報は、2022年8月1日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends