ACTION

「100万人のキャンドルナイト2020」オンライン開催が決定!UAなど豪華アーティストがライブ出演

「100万人のキャンドルナイト2020」は新型コロナウイルスの影響によりオンライン開催が決定した。テーマは、世界平和や医療従事者への感謝、そして持続可能社会への想い。UAをはじめとする賛同アーティストたちによるライブ配信やトークイベント、オンラインワークショップが開催される。

2020.06.17

「100万人のキャンドルナイト2020」開催はオンライン 世界平和と持続可能な社会へ

キャンドル

2003年に「でんきを消して、スローな夜を。」を合言葉に「大地を守る会」の呼びかけにより始まったムーブメント「100万人のキャンドルナイト」。1年でもっとも日が長い夏至と、1年でもっとも日が短い冬至の夜20〜22時の2時間、電気を消してキャンドルの灯りの下、1人ひとりがゆっくりと考える時間を持つことを提唱している。

今年は、新型コロナウイルスの影響により、開始以来はじめてラジオとオンラインイベントを連動し6月21日(日)に開催することが決まった。世界中が大変な状況に見舞われるいま、この時間を通して世界の平和や医療従事者への感謝、持続可能な社会について、それぞれの想いを持ちながら過ごしてもらうことがテーマとなっている。
五稜郭タワー

当日は、北海道「五稜郭タワー」、東京都「ライブ会場」、鹿児島県「鹿児島市立美術館」の3箇所で20時同時に消灯。19時からUAをはじめとする豪華アーティストによるライブ配信や、トークイベントが開催されるほか、日中もオンラインワークショップなど盛りだくさんなコンテンツが用意されている。

会場を幻想的な世界に彩るのは、キャンドルアーティストのCANDLE JUNE。当日は、CANDLE JUNEが代表を務める、被災地支援団体「LOVE FOR NIPPON」が毎月11日に福島県で行っているキャンドルナイトで集まったメッセージも灯される。

豪華アーティストが当日限りのスペシャルライブ! UAはカナダから参加

おお雨

消灯前の19時〜イベントを盛り上げるのは「おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)。昨年「100万人のキャンドルナイト」のテーマ曲を制作した2人は、キャンドルの灯りのなかで、ムーブメントへの想いや平和への願いを込めたトークイベントとスペシャルライブを行う。

さらに、大宮エリー&コトリンゴによる朗読とライブの生配信も行いながら消灯の時間を待つ。

消灯時間の20時にはカウントダウンを実施。会場の消灯とともに流れるのは、この日デビュー25周年を迎えるUAのカナダからのスペシャル映像。「動かない旅」をキーワードに音楽と旅の記憶を届けるJ-WAVEのラジオ番組「TRAVELLING WITHOUT MOVING」と連動し、ラジオでも同じ時間にUAのライブが聴くことができる。

UAのほかアーティストのHIMIもゲストに登場し、ナビゲーターの野村訓市とともにスローな夜を過ごす3人のトークが繰り広げられる。
UA

ラジオの連動企画はその後も続き、22時からはミュージシャンGAKU-MCの番組「Hitachi Systems HEART TO HEART」とコラボ。

この番組は、GAKU-MCが被災地に赴き、現地の人々を取材する月一回のプログラム。東日本大震災被災地支援のキャンドルイベント「アカリトライブ」を開催してきたGAKU-MCが「100万人のキャンドルナイト」のリスナーに向けて、弾き語りをしながらメッセージを届ける。

100万人のキャンドルナイト2020

イベント情報
日時:2020年6月21日(日)
形式:YouTube Liveにてオンライン配信
参加費:無料

<YouTubeプログラム>
19:00~20:15 スペシャルライブ&トークイベント
20:00 カウントダウン一斉消灯
MC:レイチェル・チャン
出演者:UA、おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)、大宮エリー&コトリンゴ

<ラジオプログラム>
20:00~20:54
J-WAVE「TRAVELLING WITHOUT MOVING」
ナビゲーター:野村訓市
ゲストアーティスト:UA、HIMI

22:00~22:54
J-WAVE 「Hitachi Systems HEART TO HEART」
ナビゲーター:GAKU-MC

YouTube Liveコンテンツ キャンドルワークショップ&料理教室

高橋美智子氏

JCAキャンドルスタジオ本校 講師 高橋美智子氏

主催である「大地を守る会」は、安心安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開するオイシックス・ラ・大地株式会社が運営する有機食材宅配サービスだ。今回のイベントでは、自然環境と調和し、生命を大切にする社会の実現を目指す同社らしいオンラインコンテンツも用意されている。

事前予約限定で参加できるのは、スローな夜を過ごすためにぴったりのエコでボタニカルなキャンドルづくりのワークショップ。必要な材料は開催前に自宅に送付され、オンラインで学びながらつくることができる。手づくりのキャンドルを灯しながらキャンドルナイトへ参加してみてはいかがだろうか。参加人数に限りがあるため早めの申し込みがおすすめだ。

大豆ワックスでつくるメッセージキャンドル「キャンドルづくり オンラインワークショップ」

ワークショップ情報
日時:6月21日(日)14:00〜15:00
形式:YouTube Liveにてオンライン配信
参加費:4,000円(材料費・送料込・税込)
参加申込URL: 
http://candle-night.tokyo/
参加申込締切:6月17日24:00まで
講師:JCAキャンドルスタジオ本校 講師 高橋美智子氏
奥田政行氏

イタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」シェフ 奥田政行氏

また、16時からはイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」のシェフである奥田政行氏によるオンライン料理教室が開催される。「大地を守る会」が提供する旬の有機野菜(レタス、トマト、とうもろこし)を、余らせずに使い切るためのバリエーション豊かなレシピが紹介される予定だ。こちらは無料で誰でも視聴可能となっているのも嬉しい。

旬の有機野菜を使った「大地を守る会 Presents 奥田シェフに習う! オンライン料理教室」

オンライン料理教室情報
日時:6月21日(日)16:00~17:00
形式:YouTube Liveにてオンライン配信
参加費:無料(※事前申込不要)
講師:イタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」オーナーシェフ 奥田政行氏

20時にオフィスや店舗の電気を消灯 協力企業・店舗募集中

今回のイベントでは消灯に協力可能な企業・店舗を募集している。カウントダウンにあわせて20時にオフィスや店舗の電気を消灯するだけで参加が可能。参加企業や店舗は「100万人のキャンドルナイト2020」公式SNSにて紹介予定だ。

協力募集情報
内容:6月21日(日)20:00にオフィスや店舗の電気を消灯
申込期限:6月18日(木)23:59
申込方法:公式サイトの参加募集フォームから直接申し込み
http://candle-night.tokyo/

世の中が大きく変わり、当たり前だった幸せが尊いものであったと感じている人も多いだろう。イベント当日はコンテンツを楽しみながら、そばにいる人、頑張ってくれている人、地球や当たり前の日常に感謝の気持ちを持って過ごしてみるのはいかがだろうか。

問い合わせ先/100万人のキャンドルナイト2020公式サイト
http://candle-night.tokyo/
※掲載している情報は、2020年6月17日時点のものです。