WWF「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」に大手10社が参画

WWF「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」

Photo by WWFジャパン

WWFジャパン(公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン)は2022年2月22日、持続可能なサーキュラー・エコノミーのアプローチでプラスチックの諸問題の解決を目指す枠組み「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」を発足させた。この取り組みには、10社の企業が参画している。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2022.03.15
FOODS
アップサイクル

カカオの未来を切りひらく、驚きの赤いゼリーや初のファッションアイテムを、ハラカド「チョコレートのないカカオのお店」で販売

Promotion

WWFジャパン「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」発足

WWF「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」発足会の様子

Photo by WWFジャパン

WWFジャパン(公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン)は2022年2月22日、持続可能なサーキュラー・エコノミーのアプローチでプラスチックの諸問題の解決を目指す枠組み「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」を発足させた。

大量生産・大量消費・大量廃棄がもたらす地球規模の問題として、プラスチック汚染はますます深刻になっている。とくに、プラスチックごみの半数を占める、容器包装を含む使い捨てプラスチックへの対策は急務と言える。

「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」では2025年をマイルストーンに、容器包装/使い捨てプラスチックに関する5つのコミットメント(社会への公約)を掲げ、サーキュラー・エコノミーを目指す。その5つとは次の通りだ。

「問題のあるもの、および、必ずしも必要のないものの使用を取り止める。代替素材への切り替えの際は、その持続可能性を十分考慮する」、「可能な限り、リユース(他の素材のリユースを含む)へと切り替える」、「可能な限り、リユース、リサイクル可能なデザインとする」、「リサイクル素材の意欲的な使用目標を設定する」、「リユース、リサイクル率を向上させるためにステークホルダーと協力する」。

問題解決にインパクトを有する10社の参画企業

WWF「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」パネルディスカッションの様子

Photo by WWFジャパン

この取り組みでは、問題解決にインパクトを有する大手企業に呼びかけ、10社が参画を決めている。キリンホールディングス株式会社、サントリーホールディングス株式会社、株式会社資生堂、日本航空株式会社、日本コカ・コーラ株式会社、日本水産株式会社、ネスレ日本株式会社、ユニ・チャーム株式会社、ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス合同会社、ライオン株式会社がその10社だ。

参画企業はそれぞれ、「日本国内のペットボトルにおける再生PET樹脂の使用比率を2027年50%、2025年38%以上とする(キリンホールディングス)」や、「2030年までにグローバルで使用するペットボトルの素材をすべてサステナブルなものとし、化石由来原料の新規使用をゼロにすることを目指す(サントリーグループ)」、「化粧品のプラスチック製容器について、2025年までに100%サステナブルな容器を実現する(資生堂)」、「2025年度までに、客室・ラウンジにて利用者に提供する使い捨てプラスチックについて、新規石油由来プラスチック全廃を目指す(日本航空)」、「包装材料を2025年までに100%リサイクル(再生利用)もしくはリユース(再使用)可能にする(ネスレ日本)」と独自の目標を掲げている。

各参画企業が、5つのコミットメントを具体的にどのように進めるかについては、WWFジャパンの定期的なレビューのもと、しっかりと改善を図っていくという。参画企業にはこれらについて、透明性を持って社会に積極的に開示していくことが期待されている。

お問い合わせ先/WWF ジャパン
https://www.wwf.or.jp/

※掲載している情報は、2022年3月15日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends