国際エネルギースター(ENERGY STAR)とは 基準とロゴマークの意味を解説

国際エネルギースター(ENERGY STAR)ロゴマーク

「国際エネルギースター(ENERGY STAR)」とは、省エネルギーな家電製品・OA機器の認証制度だ。コンピュータやディスプレイなどのオフィス機器の省エネルギー性能を評価する。国際エネルギースターの対象商品や基準、ロゴマークを付ける方法について解説する。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2022.01.14
SOCIETY
学び

エシカルマーケティングとは? メリットや実例をわかりやすく紹介

国際エネルギースタープログラムとは

国際エネルギースタープログラムとは

Photo by Markus Winkler on Unsplash

国際エネルギースタープログラムとは、家電製品・オフィス機器の省エネルギー性能を評価する環境ラベリング制度だ。1995年にアメリカと日本の両政府が合意し実施したもので、現在ではカナダ、スイス、台湾も参加。合計5ヶ国・地域が共同で実施している制度だ。

世界が直面するエネルギー問題対策の一つとして生まれた制度で、省エネルギー性に優れた製品の普及を目指す。日本での運用規定は、経済産業省から発表されている。

国際エネルギースターのロゴマークの意味

国際エネルギースタープログラムでは、基準を満たした製品に国際エネルギースターのロゴマークを貼付することが許可される。

水色の国際エネルギースターロゴマークがついた製品は、稼働時やスリープ・オフ時の消費電力が、国際エネルギースターが策定した基準をクリアしているということ。つまり、国際的に認められた省エネルギー製品であることを示す。

国際エネルギースターの対象商品

国際エネルギースター制度で対象となるのは、以下のような製品だ。

家電製品

家庭用冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機など。

空調機器

住宅用空気熱源ヒートポンプ、セントラルエアコンディショナ、ボイラーなど。

AV機器

テレビ、ビデオ、家庭用オーディオ、電話など。

オフィス機器

コンピュータ、ディスプレイ、複写機など。

照明器具

LED電球、蛍光灯、非常口標識、交通信号機など。

その他

冷水機、屋根製品、変圧器など。

国際エネルギースターの基準

国際エネルギースターの基準

Photo by Clay Banks on Unsplash

米国EPA(環境保護庁)がエネルギースターの基準を定期的にバージョンアップしており、国際エネルギースターはその基準をもとに運用している。米国EPAが策定または改定する新基準については、以下の6つの指針がベースとなる。

1. エネルギー効率改善が国家ベースで実現できること

2. エネルギー効率化に伴い製品性能の維持または向上が見られること

3. 購買者は相当な使用期間を経て購入コストを回収できること

4. 唯一のテクノロジーを特別扱いしないこと

5. 製品のエネルギー消費と性能を測定・実証できること

6. エネルギースターロゴの表示により効果的に製品を差別化できること

なお、国際エネルギースターの基準は、製品の稼働時、スリープ・オフ時の消費電力に着目している。2021年に改定されたバージョン8.0によると、コンピュータ、ディスプレイの消費電力の基準は以下の通りである。

コンピュータ

スリープ・オフ、長期アイドル、短期アイドル時の消費電力とその動作比率により算出された標準年間消費電力量(kWh/年)が基準となる。デスクトップコンピュータの場合は消費電力量基準が79.56kWh以下、ノート型コンピュータの場合は19.7kWh以下である。

またスリープモードへの自動移行基準は、製品が使用されていない状態になってから15分以内(ディスプレイ)、30分以内(コンピュータ)である。

ディスプレイ

コンピュータモニタの場合、オン、スリープモードの消費電力により算出された総電力使用量が34.46kWh以下、またオフモードでは0.5W以下である。

サイネージディスプレイの場合、オンモード消費電力は114.88W以下、スリープモードおよびオフモードの消費電力は0.5W以下である。

ロゴマークをつけるためには

国際エネルギースターのロゴを製品に表示するためには、以下3つのステップを踏むことが必要となる。

1.経済産業省に事業者登録を行う

事業者登録申請書、製品届出書のサンプルを経済産業省に提出し、事業者登録を行う。
事業者登録は、基準を満たす製品の出荷見込みがある場合のみ受け付け可能。

2.基準を満たしたか確認する

事業者登録通知書が届いたら、対象製品が基準を満たしているか、自社または第三者機関にて確認する。

3.製品届出書を経済産業省に提出する

基準を満たしていることを確認したら、製品届出書を経済産業省へ提出する。

国際エネルギースターのメリット

コンピュータなどがOA機器が対象の国際エネルギースター

Photo by Photo by Aleksander Vlad on Unsplash

消費者のメリット

国際エネルギースターのロゴが表示された製品を使うことで、企業または家庭で使用するエネルギーを節約し、環境負荷を軽減できる。また製品の消費エネルギーが低減化、あるいは効率化されているため、光熱費の削減にもつながる。

事業者のメリット

省エネルギーなオフィス機器を製造することで、国際的な信頼を得られる。またエネルギースターのロゴを表示することで省エネルギーな製品であること、また環境問題に取り組む企業としての姿勢を消費者にアピールすることができる。

地球温暖化に待ったをかける 国際エネルギースター

私たちの日々の暮らしは、莫大なエネルギーに支えられている。一方で、エネルギーを使用することで発生する多くの温室効果ガスが、地球温暖化を加速させている。

平均気温の上昇を抑えなければ地球の存続が危ぶまれるなか、エネルギー問題を解決するためには一人ひとりが生活を見直す必要があるだろう。省エネルギー製品の普及を目指す国際エネルギースターは、まさにその一助となる制度といえる。家電製品を選ぶ際は、ぜひこのマークに注目してみてはどうだろう。

※掲載している情報は、2022年1月14日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends