肌・スプレーに…エッセンシャルオイル5つの使い方 おすすめの香りでリラックス

エッセンシャルオイルの使い方

Photo by Mathilde Langevin on Unsplash

エッセンシャルオイルの使い方はいろいろ。肌につけたり、マスクにたらしたり、スプレーにしたり。そんなエッセンシャルオイルの使い方について紹介する。さらに、寝る前、バスタイム、掃除などのシーン別の使い方や、おすすめの香りもチェックしてみよう。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2021.12.27
LIFESTYLE
編集部オリジナル

地球とともに生きる「ハッピーエレファント」のある暮らし|日常に “ハッピー”を運んでくれる使い心地を読者が実感

Promotion
目次

エッセンシャルオイルとは?

エッセンシャルオイルを試す人

Photo by Chelsea shapouri on Unsplash

エッセンシャルオイルとは、日本語で「精油」のこと。植物の花、葉などから抽出したオイルだ。

日本アロマ環境協会(AEAJ)では、エッセンシャルオイルを下記のように定義している。

精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花、葉、果皮、果実、心材、根、種子、樹皮、樹脂などから抽出した天然の素材で、有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質である。

日本アロマ環境協会 | 精油とは

また、それぞれの植物が持っている香りや機能を活かし、心身のトラブルを回復させていく自然療法がアロマセラピーだ。エッセンシャルオイルの香りや成分によって、リラックスすることができたり、ホルモンや自律神経のバランスが整えられたり、リンパの流れがよくなったり、さまざまな効果が期待できる。

エッセンシャルオイルの5つの使い方

エッセンシャルオイルを肌につける

Photo by Enecta Cannabis extracts on Unsplash

エッセンシャルオイルは、日常生活のなかでさまざまな使い方ができる。

ハンカチ・タオル・マスクに一滴たらす

ハンカチ、タオルにエッセンシャルオイルを一滴含ませておくと、ハンカチやタオルを使うたびに、お気に入りの香りがふわっと広がる。マスクにたらしておいても、一日中好きな香りに包まれる。日によって、好みの香りのオイルを使い分けてもいい。

お湯にたらす

マグカップなどに湯を注ぎ、2〜3滴のエッセンシャルオイルをたらすと、オイルの芳香成分を揮発させることができる。湯気に近づいてゆっくりと呼吸するだけでもリラックスできる。

肌に直接つける

エッセンシャルオイルは100%天然成分だが芳香成分が高濃度に凝縮されているため、肌に直接つけると、ダメージを与えかねない。そのため、エッセンシャルオイルを希釈するための「キャリアオイル(植物油)」などで薄めて、使う必要がある。

キャリアオイルで薄めたエッセンシャルオイルを肌にマッサージするようにつけると、肌トラブルの鎮静や保湿などの効果が期待できる。

ただ、一部のエッセンシャルオイルには、光に当たることでシミや炎症を起こす「光毒性」がある。ベルガモットやグレープフルーツなど、光毒性のあるエッセンシャルオイルは、日中ではなく夜に使うのがおすすめだ。(※1)

スプレーにする

スプレー容器に水とエッセンシャルオイルを入れると、ルームスプレーやリネンスプレー、虫除けとして使える。

スプレーをつくるときは、エッセンシャルオイルは水に溶けにくい性質のため、無水エタノールを足すと混ざりやすくなる。スプレー容器に、最初に無水エタノール10mlとエッセンシャルオイルを10~20摘たらしよく混ぜる。その後、精製水40mlを加えてよく混ぜたら、アロマスプレーの完成だ。

ディフューザーを使う

ディフューザーとは、アロマオイルが入った瓶にリードと呼ばれるスティックをさし、そのリードがアロマオイルを吸い上げて、空気中に香りを拡散するもののこと。電気や火を使わないため、安全にアロマオイルを室内で楽しめる。

シーン別 おすすめの使い方

ディフューザーでエッセンシャルオイルを使う

Photo by Mathilde Langevin on Unsplash

掃除に

掃除にアロマオイルを使うと、香りが広がりよりスッキリとした気持ちになれる。キッチンやトイレなどの水回りでアロマスプレーを使用すれば、臭い消しになる。また、水にエッセンシャルオイルをたらして、その水を布巾や雑巾に含ませて、仕上げに拭いてもいい。

洗濯で

洗濯の際、エッセンシャルオイルを数摘入れることで、洗濯物にほのかな香りがつく。生乾きなど、洗濯もののニオイに悩んでいる方には、ピッタリの使い方だ。

バスタイムに

ふだん使用しているシャンプーに、エッセンシャルオイルを1滴たらして髪を洗ってみてほしい。バスルームにエッセンシャルオイルの豊かな香りが広がり、オイルによるヘアケアも期待できる。

寝室で

枕やシーツに好きな香りのエッセンシャルオイルをたらすことで、リラックスや安眠などの効果が期待できる。また加湿器にエッセンシャルオイルを加えれば、蒸気と一緒にオイルの香りが拡散され、部屋全体に広がっている感じられるだろう。

おすすめの香り

ローズなどのエッセンシャルオイル

Photo by Jane Duursma on Unsplash

イランイラン

甘くて濃厚でエキゾチックな香りが特徴。リラックス効果とともに、神経系の鎮静作用があり、安眠にもつながるとされる。また、皮膚につけると潤いをもたらし、なめらかな肌に導く。

ユーカリ

清涼感があり、気持ちを一新したいときや集中したいときにオススメのエッセンシャルオイル。喉や鼻の調子を整える作用があるため、花粉症や風邪の時期によく使われる。

ローズ

ローズ特有の甘く、優雅さも感じられる香りは、明るくハッピーな気持ちにさせてくれる。さらに、ストレスなどによる心身の緊張をほぐす作用がある。ローズからはわずかな量しかエッセンシャルオイルが取れないため、希少なアロマとして知られている。

ブレンドアロマ

ブレンドアロマとは、2種類以上のエッセンシャルオイルをブレンドしたもの。より深い香りになり、時間の経過とともに変化する香りを楽しめるのが特徴。

『ELEMINIST SHOP』で扱っている『Addition Studio(アディション スタジオ)のブレンドアロマ』は、レモンマートルやユーカリブルーガム、ヒノキなど、100%天然素材のみを使用。リラックスしたいときにも、集中力を高めたいときにも、ピッタリだ。

自然のちからでリラックスを

エッセンシャルオイルの魅力は、自然由来であることではないだろうか。植物が本来持っている香りや効能によって、リラックスしたり、気分が高揚したり、肌に潤いを与えたりしてくれる。さまざまなシーンで使えて、ふだんの生活にも取り入れやすい。

ぜひ自然が持つ力を利用して、ゆっくりと癒されてみてはどうだろうか。

※掲載している情報は、2021年12月27日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends