「エコンフォートハウスの森活プロジェクト」がスタート スポンジの売上でボルネオの森を再生

国際非営利団体「weMORI(ウィモリ)」と「イーオクト株式会社」がタッグを組み「エコンフォートハウスの森活プロジェクト」を10月15日よりスタートした。木の端材から生まれたスポンジ商品の売り上げの一部が、ボルネオの森林保全・再生に活用される。今後3年間で1万本の植林を目指す。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2021.11.08
SOCIETY
学び

エシカルマーケティングとは? メリットや実例をわかりやすく紹介

木の端材から生まれた100%セルロース製スポンジ 1万本の植林目指す

ボルネオの森

日用品などを扱うサステナブルブランド「エコンフォートハウス」を展開するイーオクト株式会社は、アプリを活用した森林保全活動を進める国際非営利団体weMORI(ウィモリ)とタッグを組み「エコンフォートハウスの森活プロジェクト」を10月15日よりスタートした。

このプロジェクトではエコンフォートハウスのスポンジ商品の売り上げの一部が、weMORIを通してボルネオの森林保全や再生に役立てられる。具体的には、スポンジワイプ1枚の販売につき3円、ポップアップスポンジ1枚の販売につき1円が活用される。

スポンジワイプで机を拭く様子

スポンジワイプ エコフレンドリー 605円

ポップアップスポンジ

ポップアップスポンジ 型抜きしろくま 2枚入り 682円

対象商品となるエコンフォートハウスのスポンジは、廃棄されるはずの木の端材から生まれた100%セルロース製のスポンジ。土に埋めれば、半年以内に分解され土に還る。

ボルネオの熱帯林はCO²を吸収・貯蔵する量が非常に大きいが、半世紀のうちに30%以上が失われており、保全・再生が求められている。同プロジェクトは今後3年で1万本の木を植える予定で、“エコンフォートハウスの森”をつくることを目指す。

お問い合わせ先/イーオクト株式会社
https://www.eoct.co.jp/

※掲載している情報は、2021年11月8日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends