「エコストア」、絶滅の危機にある鳥を描いたハンドウォッシュ発売 売上の一部は寄付へ

エコストアのハンドウォッシュ

ナチュラルデイリーケアブランド「ecostore(エコストア)」が、絶滅の危機にある鳥を描いた限定デザインのハンドウォシュを11月12日より発売する。売り上げの一部は、森と鳥を守る団体「Forest&Bird NZ」に寄付される。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2021.10.15
LIFESTYLE
編集部オリジナル

地球とともに生きる「ハッピーエレファント」のある暮らし|日常に “ハッピー”を運んでくれる使い心地を読者が実感

Promotion

森と鳥を守る団体へ売り上げを寄付

エコストアのハンドウォッシュ

限定デザインボトル2021 ハンドウォッシュポンプ<レモングラス> 425ml 968円(税込)

ニュージーランド発のナチュラルデイリーケアブランド「ecostore(エコストア)」が、絶滅の危機にある鳥を描いた限定デザインボトルのハンドウォッシュを11月12日に発売する。

カカルイアの写真

Photo by Catherine Beard

カカルイア

今回エコストアは、人間の活動や気候変動によって絶滅の危機にある鳥にフォーカス。コマドリの仲間「カカルイア」やシギの仲間「カキ」、チドリの仲間「トゥトゥルアトゥ」のイラストがボトルに描かれている。

なお1本の売り上げにつき50セントが、森と鳥を守る団体「Forest & Bird NZ」に寄付される。

ニュージーランドの固有種「カキ」の写真

カキ

今回の取り組みに際して同社のCEO パブロクラウス氏は「私たちは、絶滅の危機に瀕していながらも、これまでバード・オブ・ザ・イヤーを受賞したことがない鳥に着目しました。この貴重な鳥たちが、『困難に立ち向かって生き延びた』というストーリーを共有し、称賛されることで、保護のための努力をさらに促すことができると信じています」とコメントしている。

「ハラケケ」エキスを配合したエコストアのハンドウォッシュ ボトルはリサイクルプラスチックを使用

ハンドウォッシュの保湿成分には、ニュージーランド原産の植物「ハラケケ」エキスが配合されている。ハラケケの保湿効果は、アロエより高いと言われることも。

香料には、天然のエッセンシャルオイルを使用し、レモングラスの香りを楽しめる。なおボトルにはサトウキビ由来のプラスチックとリサイクルプラスチックからつくられた、100%リサイクル可能な素材を使用している。

お問い合わせ先/ecostore(エコストア)
https://ecostore.jp

※掲載している情報は、2021年10月15日時点のものです。

    Read More

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends