「接客レス」なキュレーション型店舗「CHOOSEBASE SHIBUYA」が「西武渋谷」にオープン

店内

「株式会社そごう・西武」が「西武渋谷店パーキング館1階」にメディア型OMOストア「CHOOSEBASE SHIBUYA」を9月2日に開店した。半年ごとに設ける編集テーマに共感するブランドをパートナーとし、QRコードを活用した接客レスで学びを提供する購買体験が特徴だ。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2021.09.02

キュレーション型店舗「CHOOSEBASE SHIBUYA」がオープン 学びのある購買体験を提供

店内

「株式会社そごう・西武」が、「西武渋谷店パーキング館1階」に百貨店業態初のメディア型OMOストア*「CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベース シブヤ)」を2021年9月2日にオープンした。

*店頭とECで顧客・商品・在庫情報が統一されたストア形態

同店では、店内に展示されたQRコードを読み取ることで商品の詳細情報や、各店内エリアの詳細情報を知ることのできる「接客レス」な体験を実現した。

スマートフォン上で商品を選択すれば、発行されるQRコードを使用したキャッシュレス決済が行える。商品の受取方法は、そのまま商品をカウンターで受け取ることができる店頭受け取りと、手ぶらで帰ることができる配送受け取りを選べる。

CHOOSEBASE SHIBUYAの店舗イメージ

同店のもう一つの特徴が、半年ごとに設ける編集テーマだ。テーマに共感するブランドがパートナーとして参画し、店頭・EC・メディアを横断した、つねに新しい出会いと学びのある購買体験を提供するという。

オープンに際しては、社会課題にチャレンジする「株式会社arca」の辻愛沙子氏がコンセプト策定・空間ディレクションなどを手がけるクリエイティブ・ディレクターとして参加したほか、「HOTEL SHE,KYOTO」などで知られる龍崎翔子氏率いるホテルスタートアップ「L&G GLOBAL BUSINESS」が、メディア型店舗の体験・空間演出を担当した。

最初のテーマは「サステナビリティ」 迫るタイムリミットにアクションを起こすブランドが参加

店内

同ストアが取り上げる最初のテーマが「サステナビリティ」だ。渋谷を訪れる人々がより身近にテーマを自分ごと化できるよう「タイムリミット」というキーワードを設定し、売場を編集したという。

売り場に並ぶのは、環境破壊が進み、地球や文化の「タイムリミット」が近づいていることに対する問題意識を持ち、プラスチックフリーやオーガニック、アップサイクル、ロングライフ・プロダクトなど「タイムリミット」を多角的に捉え、具体的なアクションを起こしているブランドたち。

具体的には、産業廃棄物であるホタテの貝殻をアップサイクルした、掃除や洗濯などに使えるマルチパウダー「618 scallop powder」を手がける「rerum nature Japan(レルムナチュレジャパン)」や、ヴィーガン&クルエルティフリーで、フェアトレードな自然由来の原料を使った韓国コスメ「BEIGIC(ベージック)」などが参加する。

また、メディア型店舗として、オープンに合わせてはじまるECサイト上のオウンドメディアでは、「タイムリミット」というテーマに沿ったさまざまなオリジナルコンテンツが公開される予定だ。

618 scallop powder

618 ホタテパウダー

1,100円

※2021.09.02現在の価格です。

お問い合わせ先/CHOOSEBASE SHIBUYA
https://partner.choosebase.jp/

※掲載している情報は、2021年9月2日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends