吸水ショーツ1枚につき100円を寄付する「Nagi green action」が開催  ルミネエスト新宿でポップアップも

「Nagi」メインビジュアル

「BLAST Inc.」が運営するフェムテックブランド「Nagi」が、環境月間に合わせて6月1日〜6月30日の間 「Nagi green action」を開催中だ。Nagi のグリーンカラーを購入すると、1枚につき5%OFFの割引を行い、100円が寄付される。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2021.06.18

ショーツ1枚で100円が寄付される 「Nagi green action」が開催中

「Nagi green action」ポスター

「BLAST Inc.」が運営するフェムテックブランド「Nagi(ナギ)」が、環境月間に合わせて6月1日(火)〜6月30日(水)の1ケ月間 「Nagi green action」を開催している。

このイベントはNagiの吸水ショーツ(グリーンカラー)を購入すると、1枚につき5%OFFの割引と、「一般社団法人日本UNEP協会(JAU)」に100円を寄付するというものだ。

さらに同期間中は「BiOPLE tokyo ルミネエスト新宿店」の一部スペースでポップアップも開催している。

「Nagi green action」開始までの歩み

Nagiのショーツ

Nagiは「生理用品やパッケージを、もっとサステナブルにできないか?」という問いのもと、発売以来より環境を見据えたさまざまな取り組みを行ってきた。

初経から閉経までは平均40年間。1回の生理で25枚のナプキンを使うと、生涯で使うナプキンは12,000枚にもおよぶ。ナプキン1枚のプラスチック量はレジ袋3分の1枚分で、約4,000枚分ものプラスチックを消費することになり、温暖化の原因にもなる。

Nagiの吸水ショーツは、1回の使用で、スタンダードタイプはレジ袋2枚分、フルタイプはレジ袋3.3枚分のプラスチックを削減できる。さらに、スタンダードタイプはナプキン約6枚分、フルタイプでナプキン約10枚分の吸水性能を持つ。

Nagiのショーツ1枚の機能を表した図

一方で化学繊維を含む衣服は、1回の洗濯で何千ものマイクロファイバーを排出するため、化学繊維を使用しているNagiのショーツも完璧にサステナブルな商品とは言えない。

Nagiはそうした不完全さも自覚しながら、まずは「くりかえし使う」という選択を当たり前にしていくことで、人々が生きる環境に少しでも寄与していく狙いだ。Nagiはこうした背景から、このキャンペーンを通して「まずは選ぶことから、始めてみませんか」と訴えている。

Nagi green action

詳細

Nagi のグリーンカラーを購入すると、1枚につき5%OFFの割引と一般社団法人日本UNEP協会(JAU)に100円が寄付される。対象商品は、full・standard・slimのグリーンのXS〜XLサイズ。

会場

BiOPLE tokyo ルミネエスト新宿店

住所

〒160-0022 東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿 B2F

開催日時

2021年6月1日 〜 2021年6月30日

開催予定状況

予定通り開催

出演者

BLAST Inc.

主催者

BLAST Inc.

商品がなくなりしだい終了。 BiOPLE tokyoの一部でNagiのポップアップも同時開催。

お問い合わせ先/Nagi(ナギ)
https://nagi-jp.com/

※掲載している情報は、2021年6月18日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends