イギリスのブランド「Farrow&Ball」がペイントによる家具のアップサイクルを提案

家具のペイント

イギリスのペイントブランド「Farrow&Ball」が、古くなった物のデザインや色を変え、新たな価値ある物に生まれ変わらせる「アップサイクル」の取り組みを発表した。DIYに最適なペイントで大切なものを塗り替えることにより、環境への取り組みにつなげている。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2021.05.28

ペイントによる「アップサイクル」で古くなった物に新たな価値を

ペイントされた家具

イギリスのペイントブランド「Farrow&Ball」が、ペイントによって古くなった家具のデザインや色を変え、新たな価値ある物に生まれ変わらせる「アップサイクル」の取り組みを開始した。

家のなかにあるものを、ペイントでデザインや色を変えることで、おうち時間を楽しみながら「ごみを出さない意識」を高めることを提案している。

奥行き深い132色の色合いを展開

ペイントされた家具

Farrow&Ballでは、長年の研究による奥行き深さを実現した、132色の塗料を揃えている。光の質、時間帯、さらには季節によって、自然光の下での色の見え方が変わるのが特徴だ。

カラーチャートは無料で取り寄せが可能。自由度の高いDIYであるペイントで大切なものを生まれ変わらせることによって、今あるものや古くなったものを大切に長く使う価値観を提案している。

ペイントされた家具

なお、Farrow&Ballによる塗料は、人体や環境に対する安全性を示す「Fフォースター」に認定されている顔料で、有害なホルムアルデヒド、トルエン、キシレンを含まない。

お問い合わせ先/FARROW&BALL
https://www.farrow-ball.jp/

※掲載している情報は、2021年5月28日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends