LGBTQ+の子ども・ユースのための無料相談支援プログラム「ラップアラウンド・サポート」が開始

相談所

新宿の総合LGBTQセンター「プライドハウス東京レガシー」が、LGBTQ+当事者や、そうかもしれないと感じている24歳以下の子ども・ユースに向けた、常設の無料相談支援プログラム「ラップアラウンド・サポート」を開始した。日本語および英語に対応し、包括的なサポートを行う。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2021.05.20

子ども・ユースに向けた無料相談支援プログラム「ラップアラウンド・サポート」

ラップアラウンドサポートのバナー

昨年10月に東京都新宿区にオープンした常設の総合LGBTQセンター「プライドハウス東京レガシー」が、LGBTQ+当事者や、そうかもしれないと感じている24歳以下の子ども・ユースに向けた無料相談支援プログラム「ラップアラウンド・サポート」を開始した。

日本語および英語、筆談にも対応し、相談主に寄り添った包括的なサポートを行う。初回は最長90分まで相談に乗り、2回目以降は最長50分の相談となる。

利用は、来場・メールでの事前予約を受け付けるほか、予約状況に応じて来場当日の相談も受け付ける。

相談者を主体とした包括的なサポートを提供

相談所

ラップアラウンド・サポートとは、英語で「包括支援」という意味をもつサポート方法だ。相談者である子ども・ユースの声を重要視し、相談者自身が主体となって解決したいことに働きかけていくアプローチを行う。

相談事項は、性的指向や性自認に関することはもちろん、その他の困りごとなどを含めて、さまざまなものを受け付ける。相談者が希望する場合は、相談者がこれまで関わりのあった人たちや、これから新しく関わる人たちと積極的に連携・協働することも可能だ。

相談スペース

相談を受け付けるのは、LGBTQ+の子どもやユース(および大人)への相談支援経験や、LGBTQ+に関する研修講師経験のあるスタッフ。常設の総合LGBTQセンターとして、相談者が安心して支援を受けられるような体制を整えていくという。

プログラム詳細

対象:LGBTQ+当事者や、そうかもしれないと感じている24歳以下の子ども・ユース
費用:無料
対応言語:日本語、英語(※筆談も対応可)
利用時間:初回は最長90分まで。2回目以降は最長50分まで。
最終受付:初回は17時。2回目以降は17時30分。
利用方法:
1)事前に予約して利用
プライドハウス東京レガシーの開館日(金・土・日・月・火、13時〜19時)に来場した際、もしくはEメール(care@pridehouse.jp)にて予約可能。

2)当日に来館して利用
予約状況などに応じて、可能な限り対応。

プライドハウス東京レガシー

住所

〒160-0022 東京都東京都新宿区新宿1-2-9 JF新宿御苑ビル2階

営業時間

月、火、金、土、日 13:00 ~ 19:00

お問い合わせ先/NPO法人グッド・エイジング・エールズ
https://pridehouse.jp/

※掲載している情報は、2021年5月20日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends