LIFESTYLE

ロクシタンが空き容器リサイクルの「グリーンプログラム」開催中 14ヶ月で15tの容器回収

コスメブランド「ロクシタン」は、空き容器を店舗に持っていくとポイントが付与される「グリーンプログラム」を昨年1月30日に開始。14ヶ月間で参加者は2.2万人、約15トンの容器を回収した。さらに、容器を使ったインテリアグッズのDIY案などアップサイクルアイディアの紹介もしている。

2020.05.26

ロクシタンが実施した「グリーンプログラム」 14ヶ月で参加者は2.2万人超え

空き容器

ライフスタイルコスメティックブランド「ロクシタン」は、空き容器をリサイクルする「グリーンプログラム」を昨年1月30日にスタートさせ、2020年3月31日までに、2.2万人を超える参加者を集め、およそ18.6万個、15トンの容器を回収することに成功した。

店頭来店時にリサイクル対象となる製品の空き容器を持っていくと、メンバーズカード「クラブオクシタニア」に「グリーンポイント」を50ポイント付与してもらえる。回収対象の容器は、プラスチックだけではなく、ガラス、アルミなどの素材からできた容器も含む。

この「グリーンポイント」は、ショッピングバッグの辞退やロクシタンオリジナルのエコバッグを購入した際にも付与される。

ロクシタンの空き容器をDIYでインテリアに アップサイクルアイディアを提案

花瓶にアップサイクル

「アップサイクル」とは、古くなったモノに新しい考え方を加えて別のモノに生まれ変わらせることを表し、ゴミの削減につながる地球にやさしい取り組みのひとつだ。「ロクシタン」は、空き容器のリサイクルプログラムと同時に、空き容器をインテリアグッズにアレンジして使うアップサイクルアイデアも提案している。
サボテン鉢にアップサイクル

小さな瓶はサボテンや多肉植物の鉢代わりにしたり、大きめのボトルはイルミネーションライトを入れて光のインテリアにするなど、洗練されたパッケージデザインだからこそインテリアとして映えるDIYアイディアの数々。
イルミネーションライト

家のなかで過ごす時間が長いいまだからこそ、こんなアイディアを取り入れて、部屋の雰囲気を明るくするDIYを楽しむのもいいだろう。

「グリーンプログラム」は、スキヤ・アウトレット・オンラインショップを除くロクシタンの店舗で開催中だ。緊急事態宣言が解除されるまでは直接店舗に出向くのは難しいが、外出自粛明けもプログラムが続いている際には、気軽に環境保全への第一歩を踏み出してみてはいかがだろうか。

※ リサイクル対象商品
・対象
プラスチック容器、ガラス容器、アルミ
・対象外
紙類、缶類、ポーチ・バッグ・傘などの雑貨

問い合わせ先/ロクシタン

https://jp.loccitane.com/

※掲載している情報は、2020年6月9日時点のものです。