「ハチドリ電力」契約で電気自動車の購入時に最大80万円の補助金が支給 再生可能エネルギーの普及へ

EVを充電している様子

「株式会社ボーダレス・ジャパン」の提供する電力サービス「ハチドリ電力」のすべてのプランが、環境省による電気自動車(EV)などの購入補助金における「再エネ100%電力メニュー」として認証された。電気自動車の購入時に、最大80万円の補助を受けられる。

2021.04.05

「ハチドリ電力」が「EV購入補助事業」の対象に 最大80万円の補助金が支給

メイン画像

電力サービス「ハチドリ電力」のすべてのプランが、環境省による電気自動車(EV)などの購入補助金における「再エネ100%電力メニュー」として認証された。

ハチドリ電力に申込みすることで、電気自動車(EV)の購入時には最大80万円、プラグインハイブリッド車(PHV)の購入時には最大40万円が支給。燃料電池自動車(FCV)の場合は最大250万円の補助を受けられる。

プラン画像

補助金対象条件は、自宅・オフィス等で自然エネルギー100%の電気をEV等とセットで使用すること、政府が実施する実態調査やアンケート調査、PR活動に協力することだ。

自然エネルギー100%プランのみを販売する電力サービス「ハチドリ電力」

ハチドリ電力のしくみ

ハチドリ電力は、CO2ゼロの実質自然エネルギー100%プランのみを販売する電力サービスだ。

電気料金の1%は自然エネルギー基金となり、ハチドリ電力を使うほど自然エネルギーの発電所を増やすことにつながる。また、さらに1%は支援したいNPO団体などに寄付できる。

ハチドリ電力の魅力

補助金申請方法

申請書類のほか、以下の書類を環境省に提出
1)自動車の登録証明書類
2)自然エネルギー100%の電気使用の証明書類(ハチドリ電力に申し込み後「
お客様サポート」に連絡すれば、契約完了しだい必要書類が発行される。)

対象車種の例

アウディ「e-Tron」、ジャガー「I-PACE」、テスラ「モデル 3/S/X」、日産「リーフ」、ホンダ「Honda e」、マツダ「MX-30」、三菱「i-MiEV」、三菱「ミニキャブ」「ミーブ」、BMW「i3」、PSA PEUGEOT「e-208/e-2008」、PSA DS「3 CROSSBACK E-TENSE」、ポルシェ「Taycan(タイカン)」、メルセデス・ベンツ「EQC」、レクサス「UX 300e」、FOMM「ONE」など(※車種、グレード等によって補助額が異なる)

お問い合わせ先/株式会社ボーダレス・ジャパン
https://www.borderless-japan.com/

※掲載している情報は、2021年4月5日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends