世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR 2021」が開催 環境保全団体「WWF」が主催

エッフェル塔の前で明かりを持つ人々

世界中の人びとが同じ日・同じ時刻に消灯することで、地球温暖化防止と環境保全の意志を示す世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR 2021」が3月27日20:30〜21:30に実施される。開催に合わせ、ラジオ放送やオンライントークイベント、プレゼント企画なども実施される。

2021.03.10

190の国と地域が参加する世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR 2021」開催

エッフェル塔の前で明かりを持つ人々

Photo by ©︎WWF/ Nina Munn

世界的な環境保全団体「世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)」が、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR 2021」を3月27日20:30〜21:30に実施する。

EARTH HOUR 2021とは、世界中の人びとが同じ日・同じ時刻に消灯することで、地球温暖化防止と環境保全の意志を示すイベントだ。

日付変更線に近い南太平洋諸国から始まり、現地時間の20:30を迎えた地域から順次消灯を行い、消灯リレーが地球を1周する。

2007年にWWFオーストラリアの地球温暖化防止キャンペーンとして始まったものが世界中に広がり、2020年には190の国と地域が参加。東京スカイツリー®や東京タワー、エッフェル塔、ロンドンアイ、ギリシャのアクロポリスなど、世界各地を代表するモニュメントが消灯した。

「グリーンリカバリー」をテーマに関連企画も始動

消灯アクションに合わせ、さまざまな関連企画も行われる。

日本のEARTH HOURでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による災禍から、環境負荷が少ない形で人の暮らしを取り戻す「グリーン・リカバリー」をテーマに「Stay Home」で参加できるオンラインイベントが行われる。

3月27日に開催する「EARTH HOUR2021 in Japan Special Talk Event」という消灯オンラインイベントを中心に、3月1日からは「EARTH HOUR Weeks」と称し、毎日ラジオ放送が行われている。

パンダのぬいぐるみたち

Photo by ©︎WWFジャパン

さらに、WWFのアイコンでもあるパンダのぬいぐるみを貸し出すことで、EARTH HOURの親善大使としてSNS上でメッセージを発信してもらう企画「#旅する60パンダ」なども進行中。

ぬいぐるみの受け取り方など、詳しくは特設サイトを確認してほしい。

お問い合わせ先/WWFジャパン
https://www.wwf.or.jp/

※掲載している情報は、2021年3月10日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends