青森ヒバの丸太をつかったハンドメイド作品 「カルデサック」の「ペットテーブル」

ペットテーブルでご飯を食べる猫

「青森ヒバ」を活用したものづくりを行うアパレルブランド「Cul de Sac(カルデサック)」の「ペットテーブル」は、青森ヒバの丸太を活用したペット用食器だ。同じ商品が一つとしてないハンドメイド作品で、国産木材の価値を広く訴えている。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2021.02.22

高い抗菌力を持つ「青森ヒバ」を活用 「カルデサック」の「ペットテーブル」

ペットテーブル / PET TABLE _ 2CUP

ペットテーブル / PET TABLE _ 2CUP 28,600円

アパレルブランド「Cul de Sac(カルデサック)」の「ペットテーブル」は、独特の香りと抗菌力の高さを持つ「青森ヒバ」の丸太を活用したペット用食器だ。

ペットテーブルはすべてハンドメイドで仕上げられており、木目や割れの出方などは丸太によってさまざま。同じものが一つとしてない、一点ものの作品だ。

ペットテーブルを囲む2匹の猫

青森ヒバは、昔から「総ひば造りの家には、蚊が3年間は入らない」などとも言われており、抗菌力の高さや腐りにくい耐久力の高さが支持されてきた木材だ。

東北森林管理局」によれば、これは「ヒノキチオール」と「シャメールB」という薬効成分多く含まれているからだという。

こちらを見つめる猫

現在は入荷するとすぐに完売してしまう人気商品であるというが、無理に急いだものづくりは行わないようにしているという。適切な森林の管理のためにも、需要に供給量を無理に合わせることはしたくないのだろう。

完成度の高いプロダクトを通して国産木材の普及を訴える

日の差し込む森

Photo by Johannes Plenio on Unsplash

現在日本の森林は、約6割が人の手による人工林であり、これらの資源の活用が求められている。外国産木材の輸入量の増加などにより、放置されてしまう人工林が増えてきているからだ。(※1)

人工林は、人の手によって植栽した木を間引きして密度を調整する「間伐」が必要不可欠だ。これが行われないと、木立の間に日光が差し込まず下草が生えないなどにより土壌が失われたり、土砂崩れの原因となったりする。(※1)

カルデサックのデザイナー・村口みねこ氏もWEBメディア「BE-PAL」の取材で「適切に伐採して使うことが大切なんです」と訴えており「カルデサックとして青森ヒバでものづくりをすることで、まずは知ってもらう。それがゆくゆくは、明るい未来につながればいいなって思います」と語っている。

Cul de Sac(カルデサック)

ペットテーブル / PET TABLE _ 1CUP

17,600円

※2021.02.18現在の価格です。

Cul de Sac(カルデサック)

ペットテーブル / PET TABLE _ 2CUP

28,600円

※2021.02.18現在の価格です。

お問い合わせ先/Cul de Sac(カルデサック)
http://store.culdesac.jp/

※掲載している情報は、2021年2月22日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends