• お知らせ
  • 活動内容
  • コミュニティガーデン
  • Q&A
ecowaring_banner

おうちの生ごみでたい肥を作る→野菜が育つ→おうちで食べられる。

大切な資源を無駄なく使う、循環の輪をつくる。

「eco-wa-ring(エコワリング)」は川崎のフードサイクルプログラムです。

このプロジェクトは、みんなと一緒につくっていくプロジェクトです。

ぜひeco-wa-ringパートナーになってください。

[ eco-wa-ringパートナー]

tokyu yonnety koselig

お知らせ

ecowaring_scircular_life
circular_life_image

おうちの生ごみをコンポストでたい肥に変えて、

たい肥から野菜を作り、料理して美味しく食べる。

料理をしたときの生ごみはまたコンポストへ。

ぐるぐるまわるeco-wa-ringに参加して、

循環ライフを一緒に楽しみませんか?

ecowaring_construction

コンポストとは

コンポストとは「たい肥(compost)」や「たい肥をつくる容器(composter)」のことです。家庭からでる生ごみや落ち葉、下水汚泥などの有機物を、微生物の働きを活用して発酵・分解させる、昔から伝承されてきた日本の大切な知恵のひとつです。生ごみを投入してかき混ぜることを一定期間繰り返すと、栄養価の高いたい肥へと変わります。

compost_image_01 compost_image_02 compost_image_03
community_garden

Q&A

Q.使用するコンポストに決まりはありますか?
A.コンポストに決まりはありません。ただし、コミュニティガーデンに参加いただく場合は、プレゼントするLFCコンポストをお使いいただくことを前提としています。
Q.やってみたいけど、たい肥のニオイが心配です。
A.ニオイがでにくいタイプのコンポストのご使用をおすすめします。LFCコンポストご購入の場合はLINEの無料相談で、それ以外のコンポストの場合は川崎市生ごみリサイクルリーダーへご相談いただけます。またeco-wa-ringコミュニティガーデンにご参加いただくと、コンポストについてのオンライン講座を受講することができます。
Q.できたたい肥はどうしたらよいですか?
A.たい肥はご家庭でガーデニングや菜園作りに使用していただけるほか、連携農園またはコミュニティガーデンで回収を予定しております。回収日時と場所については「お知らせ」で随時更新予定です。たい肥は回収後、野菜栽培に活用させていただきます。
Q.参加者は川崎市在住者限定ですか?
A.川崎市にお住まいないし職場があり通われている方など川崎市に関わりがある方でしたらご参加可能です。(コンポスト購入時の助成金はお住まいの方のみ申請が可能です。)
Q.コンポストを購入する場合、川崎市の助成金は申請できますか?

A.申請可能です。申請は、ご本人様から行っていただく必要がありますので、くわしくはこちらをご覧ください。

※助成金を申請するには条件がございます。

Q.参加するタイミングはいつでも大丈夫ですか?
A.いつでもお好きなタイミングで参加が可能です。自作のたい肥を利用して参加するプログラムも準備しておりますので、コンポストを早めに始めると、コミュニティガーデンやイベントなどでお楽しみいただける機会が多くなるかと思います。
Q.プロジェクトの活動期間は、いつまでですか?
A.2021年12月末までとなります。ご家庭でのコンポスト使用推進と、回収後のたい肥の連携農園における活用は、来年以降も継続予定です。コミュニティガーデンなどその他の活動については、ご要望が多いものは来年以降の継続も検討いたします。

川崎市環境局生活環境部減量推進課

電話:044-200-2605

メール:30genryo@city.kawasaki.jp