素材を無駄なく生かした新スイーツ「チーズケーキ Hazico(ハジコ)」

株式会社ぶどうの木は、素材の端材を活かした「Hazico(ハジコ)シリーズ」を発売してきた。この度、さらに農家や企業とのパートナーシップによる価値をプラスしたチーズケーキを、本シリーズに追加。国産有機フロマージュブランと金沢ゆずを使い、しっとり滑らかな食感を実現している。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.09.18

はじっこを活かした「ハジコシリーズ」からチーズケーキが登場

チーズケーキHazico(ハジコ

チーズケーキHazico(ハジコ) 2,300円

株式会社ぶどうの木は、食品ロス対策・SDGsへの取り組みの一環として、新しいエシカルスイーツ「チーズケーキ Hazico(ハジコ)」の発売をスタートした。

同社では、自社食品工場で発生する製造ロスである端材を活用した「Hazico(ハジコ)シリーズ」をこれまで開発してきた。

今回新しい取り組みとして、農家や企業とのパートナーシップにより、廃棄されてしまう価値ある素材を活かしたチーズケーキの販売を決定。

国産有機フロマージュブランと金沢ゆずのハーモニー

草原にいる牛

新たな取り組みで活かされた素材のひとつ目は国産有機フロマージュブランだ。

セタナ・オーガニックは北海道瀬棚地区で日本の乳製品で初めての「有機JAS認証」を取得し、高品質な乳製品を製造している。しかし原料となる生乳1トンのうち、バターになるのはわずか3%程度。

残りは乳清(ホエイ)となり、用途がみつからず廃棄されることが多い。それを原料としたのがこの国産有機フロマージュブランだ。

木に実る金沢ゆず

もうひとつの素材は、金沢ゆず。多田農園の金沢ゆずは、できる限り農薬を使わず、除草剤や化学肥料は一切不使用。土地や栽培への研究も重ねながら手間暇かけて丁寧につくられている。

これまで果汁を絞った後の果皮は廃棄されるだけだったが、今回はそれをコンポートにすることで、素材のロスを防いでいる。

貴重な自然の恵みを活かし、しっとり滑らかな食感に仕上がったエシカルなチーズケーキをぜひ味わってほしい。

Hazico

チーズケーキ Hazico

2,300円

※2020.09.18現在の価格です。

問い合わせ先/株式会社ぶどうの木
https://www.budoo.co.jp/

※掲載している情報は、2020年10月5日時点のものです。

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends