ACTION

サラダ無償提供を行う「クリスプコネクト」設立 新型コロナと闘う医療関係者を支援

「CRISP SALAD WORKS」 が、新型コロナウイルス感染症と闘う医療従事者と病院勤務者にサラダの無償提供を実施、このほど配達開始した。対象の医療従事者や病院勤務者を支援するコミュニティ「CRISP CONNECT(クリスプコネクト)」 も設立された。

2020.05.15

「CRISP SALAD WORKS(クリスプ・サラダワークス)」 が、医療従事者への支援を開始

CRISP SALAD WORKSのサラダ

2020年4月6日、「CRISP SALAD WORKS(クリスプ・サラダワークス)」 が新型コロナウイルスと闘う医療従事者と病院勤務者に向けて、サラダの無償提供および配達を開始した。

すでに3月25日から全14店で、サラダの無償提供を行なっていたが、医療従事者や病院勤務者が忙しく、店舗での受け取りができないことや、感染拡大により緊張感が増したことで配達を希望する意見が多くなった。

また、活動をサポートしたいという声があがり、対象の医療従事者や病院勤務者を支援するためのコミュニティ「CRISP CONNECT(クリスプコネクト)」 を設立。東京都、神奈川県東部の配達開始に至った。

「CRISP CONNECT(クリスプコネクト)」が始動

「CRISP CONNECT」 は、新型コロナウイルスと闘う医療従事者や病院勤務者を支援するための、クリスプとサポーターがつながるコミュニティのことである。コミュニティに参加して直接的な支援ができるほか、寄付を通じて医療現場を支援できる。

コミュニティにジョインする

コミュニティに参加すると、直接的な支援に関わることができる。「CRISP CONNECT」 では、病院へのサラダの配送や支援の輪を広げるための活動、同コミュニティの運営などに携わるボランティアを募集中だ。

医療現場にサラダを届けるために寄付をする

医療現場へより多くのサラダを届けることができるよう寄付を募っている。寄付は「CRISP CONNECT」 だけでなく、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」 の新型コロナウイルスサポートプログラムからでも可能。750円の支援で最前線の医療従事者に一食のサラダが届けられる。

テイクアウト専門 「MOBILE GRAB-AND-GO」の営業再開

サラダをつくる様子

5⽉10⽇より 、⼀ 部の店舗にて、モバイルオーダーアプリ「クリスプAPP」からの事前注⽂によるテイクアウトに限定した「MOBILE GRAB-AND-GO」スタイルで営業が再開されている。

店内客席の利⽤は終⽇中⽌とし、アプリを通じたコン タクトレス注文、決済でのテイクアウトに限定した提供だ。ソーシャルディスタンス を保つための声がけを行い、来店者と従業員の安全・安⼼を最優先に考えて運用を行っている。

【対象店舗】
麻布十番店、恵比寿店、代官山店、広尾店、青山店、丸の内店、駒沢公園店、新宿南口店

問い合わせ先/CRISP SALAD WORKS
https://connect.crisp.co.jp/

※掲載している情報は、2020年5月22日時点のものです。

Latest Articles

ELEMINIST Recommends