FASHION

「神山しずくプロジェクト」の杉チップを活用した消臭芳香剤、モニター販売7月5日まで

徳島県神山町を起点とした地域資源活用で山林環境の保全を目指す「神山しずくプロジェクト」は、杉精油の製造工程で生まれる杉チップを有効活用した「FRAGRAN FOREST 除湿芳香剤」の先行モニター販売を開始した。靴やクローゼットを除湿し、心地いい香りにしてくれる。

2020.06.29

杉チップを再活用した除湿芳香剤のモニター販売開始

徳島県神山町を起点とした、地域資源活用で山林環境の保全を目指す「神山しずくプロジェクト」が、新商品の先行モニター販売を開始した。商品は、靴やクローゼットを除湿し心地いい香りにしてくれる杉チップの除湿芳香剤「FRAGRAN FOREST」。

吸湿性が高く、消臭効果を持つ杉チップが、効率的に水分を取り除き、ニオイの元となる雑菌の繁殖を抑える。さらに杉に豊富に含まれるデルタカジネンという成分が抗菌作用を発揮。夜のうちに靴のなかを清潔にしてくれるので、次の日も爽やかな気分で靴を履くことができる。
クローゼットにかけたFRAGRAN FOREST

くつに入れたFRAGRAN FOREST

「神山しずくプロジェクト」がたどり着いた杉チップの再活用

「神山しずくプロジェクト」は、緑豊かな山だと思っていた自然のほとんどが人工林で、日本各地で川の水が減少しているという状況に何か役に立てないかとひとりのデザイナーが疑問を抱いたことがきっかけで2013年にスタートした。価値の低迷する杉に新しい価値を見いだし、小さな経済の歯車をつくることで全体の循環をつくろうと考えた。

同プロジェクトは杉の木部のみから抽出する珍しい杉精油「SHIZQ SLEEPING FOREST」を開発したが、オイル1瓶5mlに必要な杉チップは8キロと膨大だった。オイルをつくればつくるほど発生する杉チップの活用方法を見出すことが大きな課題であり、オイル開発から1年半、試行錯誤を経てたどり着いたのが除湿芳香剤だ。

杉チップを再活用した「FRAGRAN FOREST」は神山町内ですべて手作業で制作している。乾かして、繰り返し何度でも使用できるのも環境にやさしいエコ商品だ。
プロジェクトイメージ画像

FRAGRAN FOREST

FRAGRAN FOREST 除湿芳香剤 230×90mm 1本当り約85g 2本セット 1,650円(発売予定価格)

先行モニター販売について

期間:6月23日(火)〜7月5日(日)
価格:1セット(2本)発売予定価格の半額825円(税込・送料別)
条件:発送10日後に送られるアンケートメールで、使用感などの感想、意見を回答
購入上限個数:なし

問い合わせ先/神山しずくプロジェクト
http://shizq.jp/
※掲載している情報は、2020年6月29日時点のものです。