アウトドアスプレーの「オーガニックライスエタノール」 がJAS有機認証に

「ファーメンステーション」の人気商品「アウトドアスプレー」。配合されているすべてのエタノールが、JAS有機認証を受けた「オーガニックライスエタノール」になった。ファーメンステーションのサステナブルな取り組みは、農産物に付加価値を与え、地域に観光客を呼びこむコンテンツとなっている。

ELEMINIST Press

最新ニュース配信(毎日更新)

サステナブルに関わる国内外のニュース、ブランド紹介、イベントや製品発売などの最新情報をお届けします。

2020.04.22

アウトドアスプレーのエタノールがJAS有機認証に

アウトドアスプレー

「ファーメンステーション」 から発売されている「アウトドアスプレー」。この春、配合されているエタノールすべてが、JAS有機認証米の「オーガニックライスエタノール」 になった。

「AS(日本農林規格)有機認定は、農林水産省が認めている唯一の有機野菜認定。農産物に「有機」 と表示していいのは、JAS法に基づき「有機JAS規格」 の検査認証を受けた農産物だけとなっている。

天然成分由来の「アウトドアスプレー」

アウトドアスプレー

お米でできたアウトドアスプレー レモングラス、パルマローザ 各2,365円

「ファーメンステーション」 の商品のなかでも人気の高い「アウトドアスプレー」。高濃度のライスエタノールと新潟の杉蒸留水、ヒマラヤ山麓で製造されたフェアトレードの精油を使ってつくられている。

石油由来成分・合成香料・合成保存料・ディートを使わず、虫の嫌いな香りを配合。香りは柑橘のようなさわやかなレモングラスと、華やかで気品あるパルマローザの2種類だ。

なお、小売店向けの販売は4月中旬から開始される。

廃棄物ゼロを目指す「ファーメンステーション」

「ファーメンステーション」 では、オーガニック米を活用したオーガニックエタノールと発酵粕を製造している。化粧品や雑貨の原料として大手化粧品メーカーに販売するほか、大手セレクトショップ向けのオリジナル商品の企画販売もおこなう。

エタノール製造過程でできる副産物は、化粧品原料だけではなく、地域の鶏や牛の飼料として利用。さらに鶏糞を水田や畑の肥料に使い、廃棄物ゼロで環境への負荷が低い地域循環型事業を実現している。

また農産物に付加価値を与えるだけでなく、地域に観光客を呼びこむコンテンツとして、農家と協働でツアーを展開中だ。オーガニックライスエタノールは、JAS有機米以外にも「USDAオーガニック認証」 「ECOCERT COSMOS(エコサートコスモス)認証」 を取得した原料としても提供可能となる。

JAS法の内容について

・種まき、または植え付けする2年以上前から、ほ場(畑)の土に禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
・栽培中も禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
・使用する肥料や農薬は、天然物質または化学的処理をおこなっていない天然物質に由来するもののみ
・ほ場や施設、用具などに農薬や化学肥料の飛散・混入がないこと
・遺伝子組換えの種を使わないこと
・病害虫を防除するのに農薬に頼らないこと

問い合わせ先/ファーメンステーション
https://www.fermenstation.jp/index.html

※掲載している情報は、2020年5月14日時点のものです。

    Latest Articles

    ELEMINIST Recommends