訴訟事件にもなった「アウティング」とは 無意識の刃が被害者を傷つける

湖畔に座って肩を寄せ合う二人の男性

アウティングとは、人のSOGI(性自認、性的指向)を本人の了承を得ずに他の人に暴露すること。2015年、アウティングをきっかけに男子大学生が校内で自死した事件が起き、その言葉の意味とともに世間の注目を集めた。2020年には、厚生労働省がアウティングをパワハラ行為と定めている。

ELEMINIST Editor

エレミニスト編集部

日本をはじめ、世界中から厳選された最新のサステナブルな情報をエレミニスト独自の目線からお届けします。エシカル&ミニマルな暮らしと消費、サステナブルな生き方をガイドします。

2021.03.17

アウティングが問題視された一橋大学の事件

精神的苦痛

Photo by Sasha Freemind on Unsplash

2015年に起きた「一橋大学アウティング時間」が、この言葉を世間に広めたきっかけと言われている。次のような理由から、事件は起こってしまった。

事件の概要

2015年、当時一橋大学に在学していた男子学生Aさんは、同級生の男子学生Bさんに告白。

告白されたBさんが、SNSグループで「Aさんはゲイである」と暴露したことで、精神的なショックを受けたAさんは、パニック発作を起こすようになり、最終的に校舎から身を投げ自殺してしまったという事件だ。

Aさんは大学のハラスメント相談室に相談したものの、性同一障害のパンフレットを渡されるなど、適切なサポ―トを受けることができなかった。

アウティングをめぐる判決結果

事件から翌年の2016年、死亡したAさんの遺族は、Bさんと大学の責任を追及して損害賠償を求める民事訴訟を起こしている。遺族とBさんは2018年に和解したと報道されているが、大学側は転落死を予見できなかったとして、東京地裁は2019年2月に遺族側の訴えを棄却。

しかし2020年10月、大学側が公表していない新事実が明らかになり、Aさん遺族は控訴審の判決期日を取り消し、弁論の再開を東京高裁に申し立てた。そして11月25日、控訴審判決がくだされる。

裁判長は「アウティングが人格権やプライバシー権を著しく侵害する許されない行為であるのは明らか」と言及した一方で、一橋大学の安全配慮義務違反は問えないと、遺族側の控訴を棄却。損害賠償請求は認められず、裁判は幕を閉じた。

被害者遺族・世間の声

上記の判決を受け、遺族はそれ以上上告しなかった。一審では触れられなかった「アウティングが不法行為である」という点について、裁判所が認めた形となった今回の判決は、未来に向けて意味があるものだからだ。

世間では「不当な判決である」という反対の声もある一方、「自殺はアウティングが直接の原因ではない」「Bさんも被害者である」などさまざまな声が聞かれ、議論を呼んだ。結果にかかわらず、アウティング行為の危険性を世に知らしめた事件となった。

一橋大学の所在地でもある東京都国立市では、今後アウティングによって傷つく人が増えないよう、「国立市女性と男性及び多様な性の平等参画を推進する条例」を施工。アウティングが禁止されている。

アウティングを防ぐために、責任と想像力を

レインボーフラッグ

Photo by daniel james on Unsplash

もし、社会や個人が同性愛者や性的マイノリティに対して正しい知識を持っていたら、一人の命を失う事件にはならなかったかもしれない。

セクシャリティに関係なく、一人ひとりが社会を構築する大切な一員である。少数派を顧みない想像力の欠如は、被害者と加害者という関係性を生み出してしまう危険性を抱えている。

私たちは、責任を持って学び、そして行動していく必要がある。

※1 「LGBT当事者の意識調査」より(ライフネット生命保険の委託を受けて、宝塚大学看護学部の日高庸晴教授が実施)
https://www.lifenet-seimei.co.jp/shared/pdf/20208-31-news.pdf
※2 「令和元年度厚生労働省委託事業職場におけるダイバーシティ推進事業報告書」の「労働者アンケート調査結果」P177
https://www.mhlw.go.jp/content/000625160.pdf

※ 参照サイト
アウティングとは|OUT JAPAN Co.,Ltd.
https://www.outjapan.co.jp/lgbtcolumn_news/out_proud/2023.html
性的マイノリティの25%がアウティングされた経験を持つことが、調査で明らかになりました|OUT JAPAN Co.,Ltd.
https://www.outjapan.co.jp/lgbtcolumn_news/news/2020/10/42.html
【リリース】LGBTの困難の事例リスト第3版を発表|LGBT法連合会
http://lgbtetc.jp/news/1348/
令和元年度職場におけるダイバーシティ推進事業について|厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/0000088194_00001.html

※掲載している情報は、2021年3月17日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends