LIFESTYLE
観葉植物の置かれた台

“サステナブルに植物と暮らす”オンライン植物屋「ハチドリ」が事前登録を受付中

「プランツオーケストラ株式会社」が“サステナブルに植物と暮らす”をテーマとしたオンライン植物屋「ハチドリ」(β版)の事前登録を募集している。3つのサステナブルなサポートを行う事で、観葉植物のある暮らしの最適化を目指している。

2021.01.28

生分解性の鉢を提供 オンライン植物屋「ハチドリ」

観葉植物

Photo by Markus Spiske on Unsplash

「サステナブルに植物と暮らす」をテーマとしたオンライン植物屋「ハチドリ」(β版)が、公式ホームページにて事前登録を募集している。

ハチドリでは、植物のパーソナライズやエコな素材の使用、育て方のアドバイスなど、3つのサステナブルなサポートを行う事で、観葉植物のある暮らしの最適化を目指すサービスだ。

ハチドリサービス画像

届けられる植物は、注文後に植物業界10年以上のベテランスタッフが市場で仕入れ、最短で配送。生分解性の植木鉢とセットで届くため、飾るだけで手軽に観葉植物を楽しめる。

植物を育てることは人間にとってメリットがある一方、過多な廃棄物、育て方の失敗など、環境へ負荷を与えてしまうことも多い。ハチドリは、そうした植物との暮らしは人間の独りよがりだという考えからスタートしたという。

ハチドリが行う、3つのサステナブルなサポート

1つ目は、観葉植物診断(パーソナライズ)だ。

ライフスタイルや生活環境などから、向いている植物を診断。忙しい人が頻繁に水やりが必要な植物を購入して枯らしてしまったり、ビギナーが難易度の高い植物を買ってしまうといった失敗を減らす狙いだ。

観葉植物を並べた写真

Photo by Lesly Juarez on Unsplash

2つ目は、生分解性の環境にやさしい植木鉢の使用だ。ハチドリでは、環境の事を考えて生分解性の植木鉢をセレクトしている。

さまざまな素材の植木鉢が存在しているが、この植木鉢は不要になった場合や、壊してしまった場合でも、環境にやさしく廃棄できる。

芝生の上に転がった地球儀

3つ目は、画像を使って相談できる、購入から2ヶ月間無料のチャットサポートだ。

水、光、温度、肥料など、種類によって植物の性質はさまざまで、育てる環境も人それぞれだ。育て始めの不安を画像で共有し、アドバイスする事で長期的に植物のある暮らしを送るサポートを行う。

概要

事前登録方法:公式ホームページよりアンケート回答を行い100種類の植物からセレクト。
ポット&ソーサー:生分解性の植木鉢、鉢皿とセット(カラー選択可能)
サイズ:テーブルサイズ(高さ約30cm)
サポート:無料チャットサポートアカウントへ招待(購入から2ヶ月間)
価格:4,800円(税別・送料込み)

お問い合わせ先/プランツオーケストラ株式会社
https://pla-orche.com/

※掲載している情報は、2021年1月28日時点のものです。

Read More

Latest Articles

ELEMINIST Recommends